Design

ポップンミュージック、スマイル&ユーリ。 数年ぶりに書いたのでかなり微妙…です。書き方を忘れている。 2009年5月から7月の拍手お礼小説でした。アンケート2位「まだ何も言ってないじゃない」より。

Corner

 知らない町に行くのが好きだ。  地図も持たず、帰り道の心配は頭の片隅に追いやって、とりあえず適当に、ぶらぶらと歩き回るのが好きだ。  時間を拘束されることなく、好きなだけ歩き回って色々な景色を眺め、時にはその土地独特の...

ShootingStar

 何も考えずに部屋の扉を開けたら、前髪を掻き揚げて方向へ逃げていった冷気に思わず身震いがした。 「寒っ」  思わず声に出して身体を両腕で抱きすくめる。背中から首筋へ走る肌があわ立つ感覚にまた別の悪寒を覚え、いったい何事か...

don’t leave

 Deuilは三人組のバンドであるが、活動はバンドだけ、ではない。  歌は三人の名前で発表することもあれば、ソロで各自出したりもする。或いは自分では歌わず、楽曲のみを誰かに提供したり、アッシュに関しては料理本を出したりと...

Drowsy

 庭で、アッシュ君が干したのであろう洗濯物と、真っ白なシーツが風に煽られて揺れていたから。  足元に古びた、けれど弦は張り替えられてまだ新しいクラシックギター。確かスマイルがこの城に来た当初から持ち歩き、愛用しているもの...

AM0:00

 その日は何故か早く休む気になれなかった。  妙に身体が高揚している、特に日中これといった出来事もなかったはずなのに。  普通に仕事をし、食事をし、仲間と語らい、湯船に身を浸して気持ちを休め、まるで健康な人間の如きタイム...

Scroll Up